ビットコイン

人気記事ランキング

ビットコイン(Bitcoin)とは?

ビットコインの歴史

ビットコインは、2008年10月に、

中本哲史(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物が

インターネット上に投稿した論文によって、

公開されました。

それからわずか3ケ月後、2009年1月には、

ビットコインの理論を実現するためのソフトウェアが

世界中のプログラマーによりオープンソースで開発され、

運用が開始されました。

2011年、オンライン闇市「シルクロード」が

決済手段としてビットコインを使用していた事が

連邦捜査局 (FBI)の摘発でアメリカのニュースに流れ、

更に、TIME誌がビットコインを特集し、

これを機に、暗号通貨であるビットコインの存在が、

一気に世界中に知れ渡る事となりました。

そして、

2015年にパナマ文書の流出により、

更なる暗号通貨の需要が、拡大化していきます。

2016年12月の段階で、

ビットコインは世界の暗号通貨の基軸通貨です。

日本では、あまり知られていないビットコインですが、

有名企業が続々と、ビットコインに参入しています。

そして、

国内外ビットコイン関連企業への投資、業務提携、

決済導入、関連事業の会社を設立したり、

ビットコインに代表される暗号通貨を

独自で開発しています。

ビットコインの供給量は限られていますが、

世界のこのような流れから見て、

当面は基軸コインとして、不動の地位が続くでしょう。

ビットコインの発行量

ビットコインの単位は、

BTC(ビーティーシー)と表記されます。

1円や1ドルのように、1BTC(1ビットコイン)と、

数えることができます。

ビットコインの発行総量は、事前に決められています。

また、採掘(マイニング)によって発行される量も調整されています。

そのため、一瞬にして発行量が増えてインフレが起こったり、

混乱が生じることを避けた設計がなされています。

ビットコインの発行総量は、

2140年までに2,100万 Bitcoin とされていて、

それ以降は新規に発行されることがありません。

(一部bitFlyerから引用)

ビットコインの採掘(マイニング)

ビットコインは、一定期間ごとに、

すべての取引記録を取引台帳に追記します。

その追記の処理には、

ネットワーク上に分散されて保存されている

取引台帳のデータと、

追記の対象期間に発生したすべての取引の

データの整合性を取りながら

正確に記録することが求められます。

その整合性を取る作業は

コンピューターによる計算で実現できるのですが、

膨大な計算量が必要となります。

分散されて保存されている

1つの大きな取引台帳のデータも、

追記対象の取引のデータも、

すべてを正確に検証してから

追記しなければならないのです。

そこで、ビットコインでは、この追記作業

有志のコンピューターリソースを借りています。

余っているコンピューターの

計算能力を借りることによって、

膨大な計算を行い、みんなで共有する

1つの大きな取引台帳に、追記を行っているのです。

この追記作業の手伝いをしてくれた人、

追記作業のために膨大な計算処理をし、

結果として追記処理を成功させた人には、

その見返りとしてビットコインが支払われます。

つまり、追記作業を手伝って

ビットコイン全体が健全に運用されるように

頑張ってくれた事への報酬として、

ビットコインが支払われるのです。

この報酬は、新たに発行された

ビットコインによって支払われます。

つまり、通貨の新規発行がこの瞬間に起こるのです。

この新規発行に至る行為は、

「採掘(マイニング)」と呼ばれています。

コンピューターの計算能力を

お金に変えるビジネスと割りきって、

日夜採掘(マイニング)に励んでいる人たちが

世界中に存在します。

そのおかげで、今日も

ビットコインの安全性が、保たれているのです。

通貨としてのビットコインの新規発行は、

この採掘(マイニング)を通じてしか行われません。

そのため、ビットコインの発展を信じる人達が、

次々と採掘活動(=1つの大きな取引台帳の更新作業)に

力を注いでいるのです。

(一部bitFlyerから引用)

ビットコインのウォレット(財布)と取引所

ビットコインには、

ウォレット(財布)という概念があります。

これは、円やドルの例で言えば、

銀行口座にあたるものです。

ビットコインを利用する全ての人は

ウォレットを持ち、そこにビットコインを保存し、

決済に利用します。

つまり、ビットコインを使いたい人は全員、

ウォレットを作成する必要があります。

ウォレットは、個人に割り振られる

メールアドレスのようなものです。

実際には、長い文字列でウォレット ID が発行されます。

そのままでは覚えにくいため、

個人間送金が難しくなります。

そこで、

一般的には ID を短縮したコードを用いたり、

スマートフォンで読み取れる

QR コードに変換したりして、交換します。

(一部bitFlyerから引用)

そういう訳で、

今後、何かしらの暗号通貨を使用する場合、

基軸通貨であるビットコインの使用は、

必須となってきますので、

ビットコインを購入するための

ウォレット(お財布)取引所の登録を、

いち早く済ませておいた方が良いでしょう。

ウォレット(お財布)と取引所の会社は多数あり、

サービスや使い勝手の良さによって選びます。

まずは、下記の【ビットコインウォレット比較サイト】

を参考に選びましょう

http://jpbitcoin.com/wallets

どこのウォレット(お財布)にするか分からない場合は、

世界最大手日本語対応

Blockchain. info(ブロックチェーン https://blockchain.info/ja/wallet/#/

への登録をお勧めします。

また、coincheck(https://coincheck.com/ja/)という会社のウォレットも

持っておくと便利です。

Blockchain.infoは、ウォレットのみに特化していますが、

coincheckは、会社内に取引所もあること、

ビットコインをチャージできる

VISAカードを発行できることなどが特徴です。

日本語対応の会社なので、サポート面でも安心ですね。

取引所では、

暗号通貨法定通貨のやり取りを行います。

下記【暗号通貨の取引所の比較サイト】

を参考に、選びましょう。
http://jpbitcoin.com/getting/exchanges

「FX的に稼ぐ」や「アービトラジで稼ぐ」というのは、

各取引所で売値と買値が違うので、

その差を利用して稼ぐため、

当然ですが複数の取引所に登録することになります。

どの取引所に登録したらよいか分からない場合は、

まずbitFlyer(https://bitflyer.jp/)に登録しましょう。

日本語対応で、手数料もしばらく無料です。

(2016年12月現在)

暗号通貨のウォレット(お財布)や

取引所の登録時には、

必ず身分証明書(運転免許証やパスポートなど)

鮮明な写真データの送付が必須となりますので、

事前に撮っておきましょう。

種類 会社名 公式サイト 当サイト内の詳細ページ
ウォレット

(お財布)

Blockchain.info

coincheck

https://blockchain.info/ja/wallet/#/

https://coincheck.com/ja/

Blockchain.infoは、コチラ

coincheckは、コチラ

取引所 bitFlyer  https://bitflyer.jp/ bitFlyerは、コチラ

登録時のメールアドレス

暗号通貨関連の、登録時のメールアドレスですが、

J-COMやOCNなどのメールアドレスで登録すると、

登録を進めるための自動返信メールが

迷惑メールと判断されて届かず、

手続きが進まない可能性が高いため、

世界標準の無料メールアドレスである

Gmailでの登録をお勧めします。

Gmailの公式サイト

https://support.google.com/mail/answer/56256?hl=ja

ビットコイン長者

暗号通貨で、一番手軽に取り組めるものが、

新しい暗号通貨を購入し、価値が上がるまで待つ

というものです。

暗号通貨の基軸通貨ビットコインは、

2009年の登場から、わずか4年で、

発売当初価格120万倍

価格が上昇しました。

一時は価格が下がったものの、

その後は今も、価格が高騰し続けています。

もし、発売当初に1,000円分

ビットコインを買っていたら、

12億円の価値に膨れ上がったという事です。

このように、新しい暗号通貨を購入することは、

誰でも一気に、億万長者になり得る可能性が

あるという事です。

夢のような話ですよね?

今、まさに、

人類の歴史上

インターネットの拡大に伴い

暗号通貨の世界的に大きな流れ

来ています。

暗号通貨に参入するなら、

絶対に、今です!!

本当に、今しかありません!!

今、この瞬間、絶好のタイミングを逃すと、

もう二度と、

この歴史的な好機は訪れないでしょう。

ぜひ、このチャンス

あなたの手で、掴(つか)んでください!!

※記事一覧へ移動する

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする