ノアコイン

人気記事ランキング

ノアコイン(NOAH COIN)とは?

ノアプロジェクト(NOAH PROJECT)の誕生

ノアプロジェクト(NOAH PROJECT)の運営元、

ノアコイン(NOAH COIN)の発行元として、

ノアファウンデーション(NOAH FOUNDATION)

2016年、政財界の有志により設立されました。

ノアファウンデーション(NOAH FOUNDATION)は、

フィリピン経済の発展並びに、

フィリピン国内の様々な社会問題解決をし、

ノアコイン(NOAH COIN)を

フィリピン及び世界中に普及させる事を

目的としています。

ノアコイン(NOAH COIN)を普及させるための

ノアファウンデーションのメンバーの1人に、

フィリピン航空の経営者であり、

フィリピン国内で、2番目の大富豪である

LucioTan がいます。

そして、ノアファウンデーションのメンバーの1人には、

MacroAsia Corporation CEOであり、

Lucio Tan の息子である

Lucio Tan Jr がいます。

今、日本に暗号通貨のビッグウェーブを

巻き起こしている億万長者の

泉忠司氏も、このメンバーの1人です。

泉忠司・オフィシャルサイトプロフィール

http://izumi-tadashi.net/profile.html

みなさん、

フィリピン最大の輸出産業は何か、

ご存知ですか?

それは、

OFW(Overseas Filipino Workers)

海外に出稼ぎに出ているフィリピン人からの

年間3兆円の送金です。

フィリピン在住の、泉忠司氏によると、

フィリピンの家庭では、

一家に一人以上が海外で働くというのが

当たり前なのだそうです。

ですから、海外にいるフィリピン人たちが

自国に年間3兆円もの送金をしているという

大きな数字も、納得がいきますね。

フィリピン人たちが稼いだお金を、

より自国へ還元し、

国際送金10~12%の手数料

年間3,500億円を、

ほぼ無料にするために、

ノアプロジェクト(NOAH PROJECT)が

始動しました。

よって、

ノアプロジェクト(NOAH PROJECT)は、

ノアコイン(NOAH COIN)をフィリピン、

及び世界中に普及させるための

国家規模による前代未聞の、

壮大なスケールの、一大プロジェクトと言えます。

私が、初めてノアコイン(NOAH COIN)の

発表を動画で見た時、そのスケールの大きさに、

本当に驚きました!!

それは、今までの暗号通貨の中で、

国が動くプロジェクトなど

全く存在しなかったからです。

間違いなく、

このノアコイン(NOAH COIN)は、

今後ビットコインに代わる

暗号通貨の基軸通貨になる事が

容易に想像できるのではないでしょうか。

【ノアコイン・プレゼンテーションムービー】

フィリピンという国が選ばれた理由

フィリピンは、東南アジアに位置する

共和制国家の島国です。

今、まさにフィリピンは

経済発展が急激に進み、安全で治安が良く

インフラが整備されています。

世界人口ランキングで、日本世界第11位

フィリピンは、世界第12位

日本の平均年齢は、44.9歳

フィリピンの平均年齢は、23歳です。

フィリピンでは、国の宗教がキリスト教なので、

子どもの堕胎(だたい)が禁止されています。

そのため、子どもを妊娠したら必ず産むのです。

それと同時に、医療技術も発達したことで、

若い世代の数が、年々増え続けています。

現在、フィリピンの人口推移は、

40年間で約3倍に増え、

首都マニラの人口密度は、

東京の3倍となっています。

そして、

アジア唯一の英語圏であり、

英語が公用語であるため、

英語圏からのアウトソーシング

(アメリカの主要有名企業の電話コールセンターなど)

が、安定成長の理由の一つです。

また、海外からの観光客獲得に向けて、

政府の国策としてカジノを後押ししているため、

シンガポールを超えるカジノ大国です。

また、アジア最大のショッピングモール、

MALL OF ASIAや、SM NORTHなどが

フィリピンにあります。

そして、

フィリピン最大の輸出産業は、

OFW(Overseas Filipino Workers)

海外に出稼ぎに出ているフィリピン人からの

年間3兆円の送金です。

フィリピン人たちが稼いだお金を、

より自国へ還元し、

国際送金10~12%の手数料

年間3,500億円を、

ほぼ無料にするために、

ノアプロジェクトが始動したのです。

私は、最近まで

フィリピンは発展途上国

まだまだ貧富の差が激しい国、

貧しい国というイメージを持っていました。

こんな風に劇的に発展しているとは

思いもよらなかったです。

世界の流れを知るには

色んな国に直接行き、

その国の現状を、リアルに体験する事が

視野を広げ、新しい発想に繋がるんだと

つくづく感じました。

戦後、急激に成長を遂げた日本のように

フィリピンは、

今後も更に、急速に成長・拡大し続ける

無限の可能性を大いに持った

素晴らしい国と言えるでしょう。

ビットコインとノアコインの違い

では、2016年12月現在の

基軸通貨ビットコイン(BIT COIN)と、

新しく登場するノアコイン(NOAH COIN)の違いは、

一体何だと思いますか?

ビットコイン BIT COIN ノアコイン NOAH COIN
利息 なし 初年度20%
承認方式 POW

(プルーフオブワーク)

51%Attackによるリスクが高く、価値がなるなる可能性あり

POS

(プルーフオブステーク)

51%Attackによるリスクが少なく、価値が守られる

上限枚数 2,100万枚 2,160億枚

上記一覧表をご覧ください。

ノアコイン(NOAH COIN)のプレセール期間価格は、

1.2倍までに設定されています。

それは即ち、より多くの人に普及する事を

目的としているからです。

また、2017年1月から、

年利・利息20%で、約1年半をかけ、

4期に分けてプレセールを行います。

ノアコイン(NOAH COIN)の承認方式は、

プルーフオブステークで、

膨大な計算量が不要なため、

無駄な電力が一切かかりません。

そのため、51%Attackによるリスクが少なく、

価値が守られます。

そして、何より

上限枚数がビットコイン(BIT COIN)に比べ、

1万倍以上2,160億枚であり

圧倒的に多いと言えます。

何と言っても

ノアコイン(NOAH COIN)を普及させるために

国が関わるという国家規模

壮大なスケールの暗号通貨など

今までに、存在しなかったのです。

間違いなく、このノアコイン(NOAH COIN)は、

今後ビットコイン(BIT COIN)に代わる

暗号通貨の基軸通貨になる事が

容易に想像できるのではないでしょうか。

ビットコインの問題点

2016年12月現在、

ビットコイン(BIT COIN)は、今のところ

暗号通貨の中では、一番多く使用されている

基軸通貨となります。

しかし、その反面、

下記の様な、問題点があるのも事実です。

●ビットコイン(BIT COIN)は、決済完了まで平均約10分かかる

●プロモーション、インフラ整備を行う運営元が存在しない

●非常に多くの電力消費をして環境破壊に繋がっており、上位のマイニング会社が

手を組んで、コイン全体量の過半数以上を持った場合、乗っ取りが可能

今後のノアコイン(NOAH COIN)の開発・広告・インフラ整備

今後のノアコイン(NOAH COIN)の開発資金は、

ビットコイン(BIT COIN)の問題点を全て解決する

下記項目を開発するために使用されます。

  • 決済スピードを極限まで抑える
  • 保有者へ初年度20%の配当
  • POSにより無駄なマイニングは一切しない
  • 手数料を完全に無料にする

ノアコイン(NOAH COIN)専用のウォレット

ウェアラブルウォレットを開発していきます。

(主要通貨も対応、定期課金対応)

独自APIを、公開していきます。

APIとは、アプリケーションプログラムインターフェイスの略語で、プログラミングの際に使用できる命令や規約、関数等の集合の事を指す。

ソフトウェア開発の際、いちから全てを作るより、APIを利用すればもともとあるプログラムを呼び出して、その機能を組み込んだソフトウェアを開発することができる。

他の暗号通貨だけではなく、

法定通貨ネットバンキングとの連携を取る

サードパーティーアプリケーションを

作成するための、APIの公開を予定しています。

広告およびプロモーションですが、

フィリピン最大級のメディア

”ABC-CBN”にて、テレビ・ラジオにおける

CMを随時放送予定です。

また、GoogleAdWords、Facebook広告などの

インターネット広告による

マーケティングも展開していきます。

そして、高速道路・機内広告も出していきます。

マカティからNOAH CITYまでの

25マイル全ての広告に、

ノアプロジェクト(NOAH PROJECT)の広告を掲載します。

2016年に開通するNAIA Expressway

(マカティ~マニラ空港の高速道路)にも

広告を前面掲載予定です。

更に、フィリピンエアラインの全面協力にて、

機内広告でノアプロジェクト(NOAH PROJECT)の

プロモーションPVを流します。

ここまで徹底的に

より多くの人々の目に触れる機会を増やす事で

フィリピンでは、

一気にノアコイン(NOAH COIN)が知られていく事でしょう。

インフラ整備についてですが、

専用プレイペイドカードを配布していきます。

VISA、MasterCard、UnionPayが

使える場所で現金化が可能になります。

そして、フィリピンだけでなく、

日本国内でも両替できます。

ノアコイン(NOAH COIN)を

世界中の取引所導入予定です。

また、銀行をはじめとする

各金融機関と連携して、世界中のATM

ノアコイン(NOAH COIN)の対応を予定しています。

そして、ドル、円、ペソ、ユーロ、元などの

法定通貨に両替可能とします。

ここまで大規模なインフラ整備を行えば、

ノアコイン(NOAH COIN)が世界規模

一気に普及するのも、必然と言えるでしょう。

ノアシティ(NOAH CITY)の開発

全ての場所でノアコイン(NOAH COIN)が使える街

ノアシティ(NOAH CITY)が、

マニラから車で30分位、

第二のBGCと言われている場所に

開発されます。

アミューズメント施設、ショッピングモール、

ホテル、カジノ等をフィリピンエアライン並びに

様々な財閥大手企業と共同で、

建設が決定しました。

ノアシティ(NOAH CITY)の店舗全てに、

ノアコイン(NOAH COIN)の

決済システムを導入します。

また、ノアシティ(NOAH CITY)以外での

国内取次店も、順次募集予定です。

勿論、考えたくはありませんが

もしも日本経済が破綻したら、

みなさんは、どうしますか?

法定通貨の価値がなくなり、

お金が紙切れ同然となったら、

一体どうやって生きていきますか?

そんな危機的状況の時に、

自分自身や家族を守るために、

避難出来る場所を、前もって準備しておく事が、

非常に大切です。

もしもの避難場所として、

発売時のノアコイン(NOAH COIN)を持っていれば、

ノアシティ(NOAH CITY)に行き、

利子で生きていく、という選択肢が広がります。

まさに、ノアシティ(NOAH CITY)は、

私たちの色々な夢を具現化する、

理想郷のような場所ですね。

今後のノアシティ(NOAH CITY)の展望

Stage1:2017年~アミューズメント施設の建設

Stage2:2019年~商業施設の建設

Stage3:2020年~ホテル・カジノ施設の建設

ノアコイン(NOAH COIN)のプレセール期間と配当

ノアコイン(NOAH COIN)は、

2017年1月~、4期に分けてプレセールを行い、

2018年6月12日、フィリピンの建国記念日

リリースされます。

●第1期・・・2017年1月11日~2月19日予定・・・日本・フィリピンのみ販売

●第2期・・・2017年4月3日~5月28日予定・・・日本・フィリピンのみ販売

●第3期・・・2017年7月24日~10月1日予定・・・アジアのみ販売

●第4期・・・2017年12月11日~2018年4月30日予定・・・世界のマーケットで販売

●リリース(公開)・・・2018年6月12日(フィリピンの建国記念日)

ノアコイン(NOAH COIN)の配当は、

1年目20%で始まり、その後

1年毎に徐々に減っては来ますが、

銀行などの金融機関の利子、0.01~0.5%と比べれば、

高い配当ですし、年々ノアコイン(NOAH COIN)の

価値が上がり続ければ、プラスアルファで元手資産が

増え続ける可能性が、非常に高いです。

●第1期・・・1年目・・・20%

●第2期・・・2年目・・・17.20%

●第3期・・・3年目・・・14.79%

●リリース後・・・40年目・・・0.06%

Fin Tech(フィンテック)の今後の市場

フィンテック、Fintech(英: financial technology)とは、情報技術(IT)を駆使して金融サービスを生み出したり、見直したりする動きのことである。

2016年12月現在、

フィリピンでの国内のスマートフォン保有率は、

108%であり、国民のほぼ全員

スマートフォンを持っています。

それに対して、

フィリピンでの国内の銀行口座(成人のみ)の

保有率は、たったの30%で、

国民の3人に1人しか持っていません。

日本では、国民のほぼ全員

銀行口座を持っているのが当たり前ですが、

海外では、銀行口座を持っている人が少ないのです。

そういった理由から暗号通貨は、

スマートフォンなどを使って送金を行えるため、

法定通貨クレジットカードなどに替わり、

今後、必ず広がっていく、

非常に大きな市場と言えます。

このように、

とても期待の大きいノアコイン(NOAH COIN)の

購入が出来るよう、こちらのサイトでご案内しています。

第1期プレセールの2017年1月11日~開始で、

【期間限定】【数量限定】です。

そのため、一瞬にして

【受付終了】になる可能性があります。

市場規模3兆円の新しい暗号通貨を

最も【好条件】で、手に入れることができるのは

今だけです。

購入手続きは、当サイト内、「ノアコイン購入方法」のページへお進みください。

※記事一覧へ移動する

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする